白癜风治疗的有效方法 http://m.39.net/pf/a_5709472.html

点击上面   飛行機が着地を完了すると禁煙のサインが消え、天井のスピーカーから小さな音でBGMが流れはじめた。それはどこかのオーケストラが甘く演奏するビートルズの 「ノルウェイの森」だった。そしてそのメロディーはいつものように僕を混乱させた。いや、いつもとは比べものにならないくらい激しく僕を混乱させ揺り動かした。   僕は頭がはりさけてしまわないように身をかがめて両手で顔を覆い、そのままじっとしていた。やがてドイツ人のスチュワーデスがやってきて、気分がわるいのかと英語で訊いた。大丈夫、少し目まいがしただけだと僕は答えた。   「本当に大丈夫?」   「大丈夫です、ありがとう」と僕は言った。スチュワーデスはにっこりと笑って行ってしまい、音楽はビリー?ジョエルの曲に変った。僕は顔を上げて北海の上空に浮かんだ暗い雲を眺め、自分がこれまでの人生の過程で失ってきた多くのもののことを考えた。失われた時間、死にあるいは去っていった人々、もう戻ることのない想い。   飛行機が完全にストップして、人々がシートベルトを外し、物入れの中からバッグやら上着やらをとりだし始めるまで、僕はずっとあの草原の中にいた。僕は草の匂いをかぎ、肌に風を感じ、鳥の声を聴いた。それは一九六九年の秋で、僕はもうすぐ二十歳になろうとしていた。   前と同じスチュワーデスがやってきて、僕の隣りに腰を下ろし、もう大丈夫かと訊ねた。   「大丈夫です、ありがとう。ちょっと哀しくなっただけだから(It‘sallrightnow.Thankyou.Ionlyfeltlonely,youknow.)」と僕は言って微笑んだ。   「Well,Ifeelsameway,samething,onceinawhile.Iknowwhatyoumean.(そういうこと私にもときどきありますよ。よくわかります)」彼女はそう言って首を振り、席から立ちあがってとても素敵な笑顔を僕に向けてくれた。「Ihopeyou‘llhaveanicetrip.AufWiedersehen!(よい御旅行を。さようなら)」   「AufWiedersehen!」と僕も言った。   十八年という歳月が過ぎ去ってしまった今でも、僕はあの草原の風景をはっきりと思いだすことができる。何日かつづいたやわらかな雨に夏のあいだのほこりをすっかり洗い流された山肌は深く鮮かな青みをたたえ、十月の風はすすきの穂をあちこちで揺らせ、細長い雲が凍りつくような青い天頂にぴたりとはりついていた。空は高く、じっと見ていると目が痛くなるほどだった。風は草原をわたり、彼女の髪をかすかに揺らせて雑木林に抜けていった。梢の葉がさらさらと音を立て、遠くの方で犬の鳴く声が聞こえた。まるで別の世界の入口から聞こえてくるような小さくかすんだ鳴き声だった。その他にはどんな物音もなかった。どんな物音も我々の耳には届かなかった。誰一人ともすれ違わなかった。まっ赤な鳥が二羽草原の中から何かに怯えたようにとびあがって雑木林の方に飛んでいくのを見かけただけだった。歩きながら直子は僕に井戸の話をしてくれた。   記憶というのはなんだか不思議なものだ。その中に実際に身を置いていたとき、僕はそんな風景に殆んど注意なんて払わなかった。とくに印象的な風景だとも思わなかったし、十八年後もその風展を細部まで覚えているかもしれないとは考えつきもしなかった。正直なところ、そのときの僕には風景なんてどうでもいいようなものだったのだ。僕は僕自身のことを考え、そのときとなりを並んで歩いていた一人の美しい女のことを考え、僕と彼女とのことを考え、そしてまた僕自身のことを考えた。それは何を見ても何を感じても何を考えても、結局すべてはブーメランのように自分自身の手もとに戻ってくるという年代だったのだ。おまけに僕は恋をしていて、その恋はひどくややこしい場所に僕を運びこんでいた。まわりの風景に気持を向ける余裕なんてどこにもなかったのだ。   でも今では僕の脳裏に最初に浮かぶのはその草原の風景だ。草の匂い、かすかな冷やかさを含んだ風、山の稜線、犬の鳴く声、そんなものがまず最初に浮かびあがってくる。とてもくっきりと。それらはあまりにくっきりとしているので、手をのばせばひとつひとつ指でなぞれそうな気がするくらいだ。しかしその風景の中には人の姿は見えない。誰もいない。直子もいないし、僕もいない。我々はいったいどこに消えてしまったんだろう、と僕は思う。どうしてこんなことが起りうるんだろう、と。あれほど大事そうに見えたものは、彼女やそのときの僕や僕の世界は、みんなどこに行ってしまったんだろう、と。そう、僕には直子の顔を今すぐ思いだすことさえできないのだ。僕が手にしているのは人影のない背泉だけなのだ。   もちろん時間さえかければ僕は彼女の顔を思いだすことができる。小さな冷たい手や、さらりとした手ざわりのまっすぐなきれいな髪や、やわらかな丸い形の耳たぶやそのすぐ下にある小さなホクロや、冬になるとよく着ていた上品なキャメルのコートや、いつも相手の目をじっとのぞきこみながら質問する癖や、ときどき何かの加減で震え気味になる声(まるで強風の吹く丘の上でしゃべっているみたいだった)や、そんなイメージをひとつひとつ積みかさねていくと、ふっと自然に彼女の顔が浮かびあがってくる。まず横顔が浮かびあがってくる。これはたぶん僕と直子がいつも並んで歩いていたせいだろう。だから僕が最初に思いだすのはいつも彼女の横顔なのだ。それから彼女は僕の方を向き、にっこりと笑い、少し首をかしげ、話しかけ、僕の目をのぞきこむ。まるで澄んだ泉の底をちらりとよぎる小さな魚の影を探し求めるみたいに。个部位,直到把我痛晕。当我醒来时,我身边全是乐高,他们在忙那忙这,看着他们劳动的样子,我入神了。但我似乎也变成了个乐高人,头圆圆的,只有两根手指。我不知道自己来到了什么样的世界,我居然听得懂他们的语言,他们也并没有把我当成陌生的另类。虽然没看到自己,但我感觉到,我应该是成为了他们的一员。我身上没有一点儿钱,可我又找不到工作,还好快不行时遇见了一位好心的乐高人,他给了我点钱,并给我介绍了一份工作。我问他叫什么,他说他叫红,想成为一名元素战士。他还给我介绍了三位朋友,分别是蓝、黄和黑。认识了他们后,红想让我加入他们去寻找他爷爷没找到的宝藏,我爽快地答应了。但找了这么久,半点线索都没找着,我只好去找红,他家门是开的,我问了一声就进去了,见到一个小盒子,打开后里面放起了一首美妙的歌曲,盖子还刻着一棵大柳树。我听到有声音从我背后飘来,红竟然在哭,“对不起”,我轻轻地对他说。“没关系,只是…想…想起了爷爷,他…还在时,很喜欢听这首歌”。红断断续续地说。我忽然明白了什么,对他悄悄地说:“这和钟楼正中午时放的音乐一样”!红惊喜的盯着我,并召集了所有成员(黑、蓝、黄),并叫我绿,我们一起在钟楼那里观察,虽然我们日复一日地观察,可完全看不出有什么线索,就在大家快放弃时,我忽然想到那棵大柳树,城市里只有一棵。果然,正中午时镜子反射的光到土地上,我们找到了个拼图,我们拼完后就出现了一个通往地底的通道,我们走到最低下时发现了一条河和一艘船,我们决定坐船前行。我们完全没察觉到有坏人已经盯上我们了,水越来越汹涌,忽然,黑大叫的喊:“不好了,前面是瀑布,快把船停下来”。眼看就要掉下去时,红突然把绳套紧在岩石上,并叫我们帮忙拉,经过我们的一番努力,终于把船停下了。我们找到了个平台,那儿有一个大门,中间有一个小圆,里面有一棵大柳树的印子,我们找了好久都没找到打开门的方法,这时,一直没说话的蓝发话了,说:“我们也许可以用那个盒子试一下”。不试不知道,一试就知道,门一下子就打开了,里面全是黄金珠宝,但是,坏人们突然进来了,修炼就是夺天夺地夺他人之造化,虽然谈不上人吃人,但是生死却是必须看透。所以死而复生对于他来说绝对是幸事,更何况重生到了洪荒,更是无上的大机缘。虽然这里天仙遍地走,金仙不如狗,但是只要活着就有希望,反正他也是死过一次的人了。接着龙珏很快就进入一种玄奥的状态,同时不周山的灵气也是疯狂的凝聚起来。“不周龙脉!”不知道过了多长时间,龙珏终于清醒了过来,心中激动不已。。刚刚他获得这一句身体的传承,他竟然是不周山的龙脉之一。不周山的龙脉是什么?乃是整个洪荒的灵气之祖,也是整个洪荒的气运所聚。他虽然是不周山内山上一个不起眼的龙脉,但这是不周山,放在外面也是一个巨型龙脉。要是在后世,这就是一个祖龙脉,可以帮助一个门派立下万世根基。而且他是一个有灵智的龙脉,更是可以自己修炼,凝聚天地间的灵气,自动进化。整个不周山一共有十大祖龙脉,每一个龙脉都是巨大无比,比起传说中的昆仑山或者海外三仙岛都是不差丝毫。但是这里可是不周山,擎天之柱,虽然很多大能在这里修炼,却是没有一个人敢挪移或者私自占有这些龙脉,因为只要谁挪移了这龙脉,那么恐怖的业力,即使圣人也要立刻暴毙。而龙珏却是靠着吞噬这些龙脉而成长,甚至最后一举吞噬这十大祖龙脉也不是不可能。,Subhuti,whatdoyoumeanbycloud?Ifyouarereading,Ishouldbeasentientbeing.Subhuti,dontdoisread,why?ThereisnosuchthingasaBuddha.IfthereisasentientbeingcalledTathagata,theTathagatahasfourphases:I,man,sentientbeingandlongevity.Subhutimeans:Tathagata,havetheheartofsentientbeings.Subhutithinks:Tathagatahasthehearttohelpalllivingbeings.Doeshehavethisheart?Buddhaisaskinghim:Subhuti,whatisthemeaningofcloud?Whatdoyouthink?Inotherwords,whatdoyouthinkofthismatter,thisproblem?DoyoumeanthattheTathagatahasthehearttorelievesentientbeings?ItiswrongtosaytheDiamondSutra.YoushouldnotcalltheTathagatasworkathought.DontthinkthattheTathagatasaysthattheVajrayanaSutraistosavealllivingbeings.DontthinkthattheTathagataistosavealllivingbeings.Ishouldbeasentientbeing.TheBuddhaiscalledSubhuti.Donthavethisview.DontthinkthattheTathagatasaystheVajraPrajnaParamitaSutraisforsentientbeings.Thisiswrong.Subhuti,whatdoyoumeantosay:Tathagatahasthehearttotakecareofalllivingbeings.BuddhasentSubhutissuspiciontohim.BuddhasaidthatthissutraofVajraPrajnaParamitadoesnothaveamindofsentientbeings,sodontthinkaboutit.Why?TheessenceofalllivingbeingsisBuddha,andalllivingbeingsareBuddha.ThisistheMahayanadoctrine.Inparticular,theHuaYanSutraisdevotedtothisissue,whichiscontainedinmanyvolumesofscriptures.ItissaidthatallsentientbeingsareBuddhas.IftheTathagataistomakeallsentientbeingsBuddhas,thisisalie.Whatdoyoumeanbylying?Itisme,humanbeings,sentientbeingsandlongevity,notonlyI,whatIthink,thisiswhatIthinkandwhatIthinkinmyheart.AlthoughallsentientbeingshaveBuddhanature,ifitissaidthatifitisnotbecauseofBuddha,howcanherealize?Withwhatpracticecanonebe



转载请注明地址:http://www.awaluaa.com/awlafj/6822.html